弥栄子ちゃんとエロLINEが終了して、まったりと会話を楽しんでいた時のことだったのです。
ふとしたことから、フェラだけでもやって欲しいなんて話題が持ち上がりました。
「挿入はダメだけど、フェラだけだったらやってあげてもいいかも」と、弥栄子ちゃんに言われて、からかわれているかな?って思ってしまったんです。
それでも、もしかするかもしれません。
この話題を引き続きすることにしました。
「トイレフェラとかでいいの?」
「もちろん、場所は何処でも」
「〇〇辺りまで来られる?」
「そこなら、近いから行けるよ」
「○日から○日なら、時間があるよ」
相手はすっかり待ち合わせする気満々になっているのに気づいたのです。
フェラ友になって、抜いてくれると言うのでアポ決めてしまいました。

 

 タダ抜きですからね、大きな期待を感じました。
待ち合わせの時間より早めに到着して、近くのカフェで待機。
時計をちらちら見ながら、弥栄子ちゃんがやってくるのを待ちました。
相手が本当に来るのか?
ただネットでオナニーの見せ合いしただけの関係ですから、判断が付きませんでした。

 

 時間より5分ほど遅れて、相手が現れました。
瞬間、オッキがスタート。
「本当に来てくれたんだ、ありがと」
「こちらこそ、時間に余裕がないから直ぐで大丈夫かな?」
「うん、頼む」
公衆トイレに向かっていきました。

 

 念願の、トイレフェラ!
通話でオナニーを楽しんだ女の子が、自分の肉棒をしゃぶりまくる。
はちゃめちゃ興奮できる気持ち良さ。
弥栄子ちゃんも、フェラでエロい気分になったのか、パンツに手を入れてオマンコを刺激し始めてしまったのです。
その光景がエロすぎちゃってヤバイ。
チンコの気持ちよさ半端じゃない。
たっぷりしゃぶってもらい、彼女の口の中に放出しました。

おすすめ定番サイト登録無料

センズリ鑑賞させた女子をフェラ友にするなら!!